64さんぽ山歩き日記
山歩き日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北アルプス 鹿島槍
今回のコースは扇沢駅近くの柏原新道駐車場(登山口)から出発です。

予定は

一日目:登山口~種池山荘(昼食)~爺が岳~冷池山荘(泊)

二日目:冷池山荘~布引山~鹿島槍南峰~冷池山荘~爺が岳~種池山荘(泊)

三日目:種池山荘~登山口

二泊三日の登山です。






【8月5日】7時30分出発。

CIMG0001.jpg

CIMG0003.jpg

ここの標高は1,350mです。

CIMG0004.jpg

ここで登山届を書いて提出します。

係りの方が雨と雷に注意しろと言ってくれましたが、雷にどう注意していいのか分かりません・・・

取りあえず15時までに山小屋に入る予定です。

CIMG0005.jpg

いよいよ登り始めます!

CIMG0006.jpg

このような登りが延々と続きます、最初の1時間が慣れるまで大変です。

CIMG0007.jpg
CIMG0008.jpg

?シ見ベンチと書いてありましたが??

CIMG0010.jpg

このような木のベンチはここが最初で最後でした。

CIMG0011.jpg

案内板もここしかありません。

CIMG0012.jpg

登山口から40分と書いてありましたが、我々は1時間20分かかっています?

種池小屋迄3時間半と書いてありましたが、逆に我々は2時間40分で到着しました。

何か変??

CIMG0201.jpg

当日は雨で山がご覧の通り雲に覆われています。

CIMG0015.jpg
CIMG0016.jpg

「水平道」とわざわざ書いてあるように、水平な道は此処だけでした。

CIMG0018.jpg

注意書は必ず読みましょう!大事ですよ。


CIMG0021.jpg

最初の雪渓が見えてきました、種池小屋までに2つの雪渓があります。(10時45分)

CIMG0022.jpg

ちょっと気取ってポーズを!

CIMG0027.jpg

雪の上を見てもらえると分かるように、石が点在しています。雪が解けると

落石が起こります、頭上に注意しながら進みます。

CIMG0028.jpg

よっこらしょっと!

CIMG0031.jpg

天気が良ければ富士山が見えると思いますが?

CIMG0032.jpg

本来ならこのような風景が見えるのでしょうが。この写真は帰りの下る途中、好天

の時撮った写真です。

CIMG0173.jpg


「コバイケイソウ」が群棲していました、この花綺麗ですが、匂いが・・・


最初は山小屋が近いので、トイレから匂って来るのかなと思っていましたが。


んん! 何とこの花から匂ってくるではありませんか。


この後、花が見えるより先に臭いがプーンと、山小屋の中まで臭ってきました。



CIMG0034.jpg

やっと「種池山荘」に到着です、11時30分着で丁度4時間かかりました。

休憩は1回/30分程度、途中で雨具を着ましたが早め早めの対応が必要と

痛感しました。装備は重要ですよ!


CIMG0036.jpg

此処で昼食を取りました(30分)

CIMG0038.jpg

見えるのが雨の中の「爺が岳」です。

CIMG0039.jpg

さあ出発です、(12時発)

腹ごしらえが出来て元気回復!

目標が見えると元気が出るものですが、山では見えるのに遠い。

CIMG0041.jpg

周りの山々が雲の合間から見てきました。

CIMG0044.jpg

振りかえると昼食を取った「種池山荘」が見えました。

CIMG0045.jpg

「爺が岳」へ続く登山道です。

CIMG0047.jpg
CIMG0049.jpg

周りの山々を見ながら歩くのが山歩きの楽しみ。

CIMG0051.jpg

大分登って来ました、小さく赤く見えるのが「種池山荘」です。

CIMG0052.jpg

頂上は近い!!

CIMG0053.jpg

CIMG0054.jpg

と思ったら、まだ先が。

CIMG0058.jpg

「爺が岳南峰」頂上です。標高2670m

取りあえず第一目標達成しました。13時00分


CIMG0059.jpg

三角点です。

CIMG0062.jpg

遠くの山々にはまだ雲がかかっていました。

CIMG0064.jpg

周辺の景観をお楽しみください。

CIMG0065.jpg
CIMG0067.jpg
CIMG0069.jpg
CIMG0070.jpg
CIMG0071.jpg
CIMG0072.jpg

3Km程進んできました。今日は「冷池山荘・ツメタイケサンソウ」に泊まります。

CIMG0075.jpg
CIMG0076.jpg


この後、大雨で写真が撮れずひたすら歩きました。山小屋到着は14時30分。

この写真は雲が切れた時、山小屋から歩いてきた道を撮影したものです。



CIMG0078.jpg

【8月6日】翌朝の周囲の山々

CIMG0080.jpg
CIMG0081.jpg
CIMG0082.jpg
CIMG0083.jpg

7時に山小屋を出発、第二の目標鹿島槍ヶ岳を目指してGO-!

特に筋肉痛等は無く順調でした。

CIMG0087.jpg

前方に見えるのが布引山と鹿島槍南峰です。

CIMG0088.jpg

途中には何箇所か雪渓が残っています。このあたりでライチョウの声が頻繁に聞こえました。

その後一度姿を見かけましたが、シャッターチャンスは逃してしまい残念。

CIMG0089.jpg

布引山が近づいて来ました。

CIMG0090.jpg

布引山の先に鹿島槍南峰、北峰が見えます。

CIMG0091.jpg

CIMG0094.jpg

このような登山路を歩きます。

CIMG0095.jpg

前方には先に登っておられる方の姿がみえます。

CIMG0097.jpg

このような縦走路です、落下すれば間違いなくあの世まで行けますよ!

CIMG0098.jpg

上ったり、下ったり、どちらかだけなら楽なのですが・・・

CIMG0100.jpg
CIMG0101.jpg

鹿島槍が大きく見えてきました。

CIMG0102.jpg
CIMG0104.jpg

ここの縦走路は見ごたえがありますよ!

CIMG0105.jpg


いよいよ鹿島槍が近づいて来ました。

CIMG0108.jpg

一歩手前の布引山頂上(2683m)です。

出発してから40分

CIMG0110.jpg

このような縦走路を歩いて見たいと思いませんか?

山のだいご味ですよ!

CIMG0112.jpg

人が見えますか?

CIMG0114.jpg
CIMG0115.jpg

後、30分位です。

CIMG0116.jpg


前方に見えるのが、日本で一番険しい「剣岳」と思います。

CIMG0118.jpg

雲が駆け上ってくる景色も壮観ですよ。

CIMG0119.jpg

何故かこの様な瓦礫が続く道です。

CIMG0120.jpg

もう少しだ!手が届きそうなんだが!!

CIMG0121.jpg

下も絶景ですよ。

CIMG0122.jpg

周辺の景色も忘れずに!

CIMG0123.jpg

ヤッター!鹿島槍ヶ岳頂上(2889m)長年の夢が実現した瞬間です。(8時35分)

今までの苦労も吹っ飛びました。ヽ(^◇^*)/ ワーイ

ここまで来れたのも、44年振りに会えて一緒に登ってくれた友人に感謝!感謝です。

CIMG0127.jpg

頂上からの景色をお楽しみください。

CIMG0124.jpg



CIMG0129.jpg

CIMG0130.jpg

CIMG0131.jpg

CIMG0132.jpg

CIMG0133.jpg


CIMG0139.jpg

何か友人も思いに耽っておりました、この64年を思い出していたのかな?

お互い全く違った人生を歩んで来たのに、今2人で山に登っているなんて夢のようです。


CIMG0140.jpg


CIMG0141.jpg

CIMG0144.jpg

CIMG0145.jpg


さあ帰りますよ。帰りは景色を見ながらゆっくりと「種池小屋」に向かって下ります、

CIMG0147.jpg
CIMG0148.jpg

遠くにみえるのが槍ヶ岳です。

CIMG0150.jpg

CIMG0151.jpg

CIMG0153.jpg

CIMG0155.jpg

さようなら「鹿島槍」 ( ;∀;) 

CIMG0157.jpg
CIMG0158.jpg

高山植物が群生していました。

CIMG0159.jpg

CIMG0162.jpg

CIMG0163.jpg

CIMG0164.jpg

CIMG0165.jpg


「ホタルブクロ」です・

CIMG0167.jpg

【8月7日】

翌朝5時頃の山小屋からの景観です、この日から晴天でした。

CIMG0169.jpg
CIMG0170.jpg

雲一つない快晴です。

CIMG0172.jpg

下山途中の山の姿。

CIMG0174.jpg

CIMG0176.jpg

CIMG0177.jpg


CIMG0181.jpg

この景色が見えたら登りもより楽しかったと思います。

CIMG0183.jpg

CIMG0182.jpg
CIMG0184.jpg
CIMG0185.jpg

逆光でした、本来なら後ろに山が・・・(;Д;) 

CIMG0187.jpg

今年は例年に比べ残雪が多いそうです。

CIMG0188.jpg
CIMG0191.jpg

下に見えるのが「扇沢駅」です、でもこの駅が見えてからが長い・・・

CIMG0194.jpg


CIMG0195.jpg
CIMG0198.jpg
CIMG0200.jpg
CIMG0202.jpg
CIMG0203.jpg

到着です、今日はゆっくりと景色を見ながら写真、友人の趣味の「きのこ」を観察しながら下りたので

3時間半位掛かりました。

下りは膝にきます、皆さんご用心!!

CIMG0204.jpg

この3日間で友人との44年間の空白も埋まり、依然と変わらない友情を感じる事が出来

その上、夢だった北アルプス登山を楽しく出来たのは最高の気分でした。

「23さんぽ」の仲間たちも、このブログを参考にいつかこの北アルプスに登り、

自分の目で体で感じて頂ければ幸いです。

【参考】

山小屋宿泊:一泊二食 ¥9,000 弁当:¥800

      水は1リットルまで宿泊すれば無料です。それ以外は1リットル150円

宿泊する場合は予約をした方が確実です、団体さんがいると難しいです。

部屋は当然雑魚寝です、10人前後/部屋 歯磨きも持参した水を使います。

食事は単品でなく普通の(?)食事です。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://matuezen.blog.fc2.com/tb.php/2-18db8de2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。