64さんぽ山歩き日記
山歩き日記です。
八雲山
八雲山登山口です、車は10台位駐車出来ます。

「須佐之男命御岩座夫婦岩まで約400M」の案内板に従い進みます。

鍋坂山~八雲山 043

暫く進むと結界の張られた「みそぎ場」に着いた

ここには不老長寿の「神泉坂根水」の案内があり、「この水で身を清め、元気を頂いてご参拝下さい」

と書かれている

鍋坂山~八雲山 044

鍋坂山~八雲山 045

夫婦岩迄200m


鍋坂山~八雲山 046

鳥居が見えてきました。

鍋坂山~八雲山 047

気持ち良く歩けます、

鍋坂山~八雲山 048

階段の上に大きな「夫婦岩」が祀られています

鍋坂山~八雲山 049

夫婦岩を見ながら左側へ歩いて行くと休憩場所が

そのまま先へ進みます。

鍋坂山~八雲山 050

歌碑を眺めながら進みます

鍋坂山~八雲山 051

鍋坂山~八雲山 052

倒木がありますが、乗り越えて進みます。

鍋坂山~八雲山 053

文学碑案内の立つ引坂分岐を通り先へ進みますが

看板に書かれているように、石碑は20基設置されています。

鍋坂山~八雲山 054

⑤と⑥です。

鍋坂山~八雲山 056

⑱山好きのうたですね。

鍋坂山~八雲山 057

最後の⑲⑳歌碑 

鍋坂山~八雲山 058

この分岐は右へ行きます。

鍋坂山~八雲山 059


頂上が見えてきました。

鍋坂山~八雲山 060

山頂です、手入れが行き届いており、ここで昼食を取るには快適な場所です。

叉、トイレもあります。

鍋坂山~八雲山 061

「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」の歌碑と鳥居が置かれ、

展望地へ出ると、宍道湖から日本海、大山までも眺めることができます。

鍋坂山~八雲山 062


鍋坂山~八雲山 063

晴れていれば展望がすばらしく良いですよ!

鍋坂山~八雲山 064

宍道湖方面

鍋坂山~八雲山 065

鍋坂山~八雲山 067

一服した後下山、急ぎ足で往復しましたので、時間は30分程でした。


烏ケ山


展望台から望む烏ケ山(カラスガセン)の全貌です。

今日は絶好の秋晴れでワクワしながら「休暇村大山鏡ヶ成」駐車場に

車を停め、はやる心を抑えながらキャンプ場方向へ!

烏ケ山 045

キャンプ場入口にある看板ですが、登山口の方向が分からない?

どうも外れているようだ、キャンプ場の道路を挟んだ反対側を見ると

烏ケ山 001

登山口と共に、注意の看板が・・・

ええい、どうにかなるさと思い、前進!

結果的に、崩落した場所はう回路で修復されていました。

この看板は不要と思いますが?何しろ13年前の出来事です。

烏ケ山 002

始めはこの様な比較的なだらかな道が続きます。

烏ケ山 003

そのうち、道が笹に覆われて注意しないと見失いそうです、登山者が少ないのでしょう。

頂上迄会った人は一人でした。

烏ケ山 005

中腹位です、結構急坂が続きます。

此処まで45分掛かりました、一人ですから写真を撮る以外休憩は少ないです。

烏ケ山 006

下方に休暇村大山鏡ヶ成が見えます。

烏ケ山 008

急坂でヒイヒイ言っていますが、天気は最高です。

烏ケ山 010

時々周りの景色もウオッチ。

烏ケ山 011

やっと頂上が見えてきたと思っていましたが、これは頂上ではありません、

それでも目標が出来ると元気が出てきました。

ここまで1時間です。

烏ケ山 013

急坂のためいたる所にロープが用意されています、これが無ければキビシー

烏ケ山 014

いよいよ近づいてきました、ここが崩落個所です。

烏ケ山 016

崩落個所の下部で一息入れて、精神統一!!

ついでに景色も見ておこう。

烏ケ山 018

さあ登るぞー

烏ケ山 019

何と登りきったら、まだ先にもう一山が・・・

これが頂上です、一旦下り、叉登ります。

烏ケ山 024

大山が絶景です、見とれて落ちないように、クワバラクワバラ!

烏ケ山 021

もうひと踏ん張りで頂上です。

烏ケ山 025

登ったー 烏ケ山 1448mですよ。

所要時間1時間30分です。

烏ケ山 026

今日の大山は雲一つ無く本当に絶景でした、今朝「23さんぽ」のS伯さんが

御来光を見るために登っておられたそうです。

烏ケ山 028

頂上の岩の上からおそるおそるのぞいて見ました、この岩スベります。

烏ケ山 033

下から見上げてみました。

烏ケ山 034

頂上で一緒になった、福山から来られていたご夫婦もおそるおそる

登っておられました。

烏ケ山 035

秋を感じました。

烏ケ山 036

紅葉もそこまで来ています。

烏ケ山 037

よく見る花?実?

烏ケ山 040

振りかえって見ると絶景なような、怖いような・・

烏ケ山 041

このような景色が好きです。

烏ケ山 042

無事下山しました、登り口とは違います。

この後、道路を駐車場までテクテクと。

烏ケ山 044


行程:

10時00分 「休暇村大山鏡ヶ成」駐車場発

11時30分  頂上

12時30分 下山開始

13時35分 下山口着

13時45分 駐車場着

今回は一人でしたが、出来れば2人以上で登ることを

お勧めします。

道が笹で覆われて迷いそうになります、又、何かあった時

のためにも心強いですよ.。



鍋坂山



秋の好天に誘われて先日雨で中止となった鍋坂山へ行ってきました。

場所は松江から大仁農道を進み、大仁トンネルを過ぎて少し先に看板があります。



鍋坂山~八雲山 001

駐車場は数台停まれますが、広くは無いです。

今日は他に車は見当たりません。

鍋坂山~八雲山 042

ここが入口です。


鍋坂山~八雲山 002

比較的なだらかな道が続きます。

鍋坂山~八雲山 003

頭上に果実が!

鍋坂山~八雲山 004

丸太の木橋が、昨日の雨でスベリます。


鍋坂山~八雲山 006

このような梯子が取り付けられていますので、楽に進む事が出来ました。

登山路の整備、ご苦労様です。

鍋坂山~八雲山 010

梯子を登ると、叉梯子が

鍋坂山~八雲山 012

先を進みますが、誰とも会いません、今日は休日ですが、登山者は少ないようです。

結局今日は誰とも会わず一人旅でした。

鍋坂山~八雲山 013

足元は滑りやすいので注意!

鍋坂山~八雲山 015

この辺りから数か所のロープが張られています、このロープを頼りに

先へ進みます。

鍋坂山~八雲山 016

鍋坂山~八雲山 018

お地蔵さんが出迎えてくれました。

鍋坂山~八雲山 019

分かれ道ですが、此処は右へ行きます。

鍋坂山~八雲山 020

最後のロープを伝って頂上へ!

鍋坂山~八雲山 021

鍋坂山最高点(730m)ピーク

頂上ですが、草は茫茫、看板もありませんでした、唯一、岩がありましたが。

此処まで約40分です

ここから、1:25000地形図の鍋坂山山頂(703m)へは道はありません。


鍋坂山~八雲山 029

周辺の景色ですが、看板も無いので何の山か分かりません。

鍋坂山~八雲山 024

本日の豪華な食事を頂きます。

鍋坂山~八雲山 026

見上げると栗が! 秋ですね

鍋坂山~八雲山 027

三角点です。

鍋坂山~八雲山 030

帰り道もロープを伝いながら下りますが、2回尻もちを

どうも足腰に粘りが無いようだ。

鍋坂山~八雲山 032

鍋坂山~八雲山 033

下りの方が滑ります。

鍋坂山~八雲山 034

川沿いを歩き

鍋坂山~八雲山 035

梯子を下ります

鍋坂山~八雲山 039

農道に出てきました。

鍋坂山~八雲山 041

誰とも会いませんでしたが、秋晴れの山歩きは気持ちが晴れ晴れしました。

往復1時間の山歩きでした。