64さんぽ山歩き日記
山歩き日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北ア 白馬三山
今年の北アルプスは白馬三山に行ってきました

白馬三山:白馬岳 (2932m) ,杓子岳 (2812m) ,白馬鑓ヶ岳 (2903m)

日程:7月26日~28日の二泊三日

(下記写真は山の様子が分かるようにお借りしたものです)


19554488_1020451501425462_8968637979761086269_n.jpg

ルートは猿倉→白馬岳→(白馬山荘泊)杓子岳→白馬鑓ケ岳(鑓温泉小屋泊)→猿倉です


19601226_1020452101425402_2062686973293778746_n_2017073009360602a.jpg


【1日目】 曇り→晴れ
5:50
最初の予定は前日に白馬尻まで行く予定でしたが
雨のため白馬駅付近のホテルに泊まり早朝に
バスで出発!

IMG_0415.jpg

6:20
猿倉荘に着きました、いよいよ登山開始です

IMG_0417.jpg

この看板を見るとトレッキングだけに来られる方もおられるようですね

IMG_0418.jpg

白馬尻まで約1時間です

IMG_0419.jpg

先日の雨と今年の残雪が多く川の水量が多いです
赤いザックは相棒です

IMG_0424.jpg

IMG_0425.jpg

7:20
予定通り白馬尻に着きました

IMG_0429.jpg

小屋はこんな感じ

IMG_0431.jpg


一応大雪渓の前で恰好をつけてみました (゚∀゚)

これから起きるトラブルも知らずに、いい気なものです


IMG_0432.jpg

今年は残雪が多いため、小屋の直ぐそばから雪渓が始まります

IMG_0435.jpg

アイゼン(4本爪)は白馬駅近くでレンタルしました、
料金は、保証金(300円)込みで1,000円


IMG_0436.jpg

雪渓はガスで見通しも悪くひたすら前へ進みます!!
メガネをつけているとすぐ曇ります
体温と雪上の温度差が激しいせいでしょう
仕方がないのでメガネは外しました

IMG_0439.jpg

落石には注意!!
こんな大きな石や小さな石が音もなく落下してくるそうです
私も落石の音を何回も聞きました
足元ばかり見ないで前方にも注意!

IMG_0438.jpg

クレパスもあります
ルートを間違えるとこの穴に・・・・・・

IMG_0440.jpg

後方からも次々と登山者が


IMG_0448.jpg

少し空が明るく、希望が持てるかな?


IMG_0454.jpg

こんな大きな岩も


IMG_0455.jpg

いよいよ雪渓上部に
ここまで約2.5時間の登り


IMG_0458.jpg

11:10
雪渓から登山路に
ここでアイゼンを外します

IMG_0460.jpg

看板は下りる方への注意です

IMG_0459.jpg

大雪渓を抜けても横断する雪渓はあります

IMG_0462.jpg

「ハー」と相棒、この後相棒に異変が

なんと足が攣ってしまいました

何とか経口補水液、マッサージ、叱咤激励?
でペースを大幅に落とし進みました

IMG_0463.jpg

避難小屋を過ぎ

IMG_0464.jpg

白馬頂上宿舎が見えてきました

IMG_0468.jpg

流れ落ちる水量は多い

IMG_0469.jpg

今回は残念ながらライチョウには会えず (;д;)

IMG_0471.jpg

標高2,333mです

IMG_0472.jpg

まだまだ登ります

IMG_0473.jpg

白馬頂上宿舎の下にも残雪が


IMG_0480.jpg

いよいよ到着

IMG_0481.jpg

ありゃ?相棒元気が無くザックも背負っていない?
見かねて神様が運んでくれたのだろう

ファイト!!!

IMG_0484.jpg


いよいよ相棒の体調が足の引き攣りと高山病で最悪の状態に (´・_・`)

ここで少し長い時間休憩

IMG_0482.jpg

我々は白馬山荘へ向かいます



IMG_0491.jpg

もうすぐだ!

IMG_0494.jpg

少し振り返って

IMG_0496.jpg

相棒一段と苦しそう 。゚(゚´Д`゚)゚。
(この直後折角食べたものをXXXX)
でもさすがビニール袋を取り出し、自分で処理を!!

私、冷たく写真を撮っているようですが・・・・

IMG_0497.jpg

明日登る杓子岳

IMG_0500.jpg

14:30
白馬山荘


IMG_0506.jpg

白馬岳への道です

IMG_0507.jpg


前方を歩く若者は途中で再々出会い、単独で明日から
唐松岳を目指すそうです

IMG_0510.jpg


IMG_0512.jpg

相棒がダウンしている間に白馬岳山頂に
相棒スマン (ノ_<)

IMG_0522_201707300936404e4.jpg

IMG_0516.jpg

旭岳

IMG_0518.jpg

途中下を覗くと

IMG_0523.jpg

此処は小屋の自炊場

IMG_0525.jpg

大抵の小屋には乾燥室があります

IMG_0526.jpg

相棒生きていました (゚∀。)アヒャ

しかしこのまま食事も取らずZZZZ

さてここで明日は撤退か進むか思案のしどころです

相棒を信じて寝よ~~


IMG_0527.jpg

【2日目】 雨→曇り

6:40
さすが我が相棒、一晩寝たらケロっと \(^o^)/

小雨だけど出発 !




IMG_0528.jpg

白馬はお花畑の宝庫

IMG_0531.jpg


IMG_0532.jpg

体調が悪いのではありません、自分で足の状態を
チェツクしているのです

IMG_0534.jpg

杓子岳への登りです、一度はう回路を選ぶか迷いましたが
頂上へ!

これが意外と砂利道で急坂 (少し後悔?)

IMG_0535.jpg

7:50
杓子岳到着

次の写真で分かるように誰かが山の名前に黒いものを (*`皿´*)ノ

IMG_0539.jpg

2本指は今回の2座登頂を意識しています ヘヘヘ

IMG_0537.jpg

相棒も

IMG_0538.jpg

ちょっと座って下を覗いてみました

IMG_0541.jpg

さあ次の白馬鑓ヶ岳を目指します


IMG_0542.jpg

振り返って杓子岳
左の道は迂廻路です

IMG_0548.jpg

後方にはグループの方も
ガイドさんに連れられた女性のグループも


IMG_0559.jpg

ジギザグに登ります

IMG_0567.jpg

9:15
さあ山頂だ!

IMG_0573.jpg

3座目の白馬鑓ヶ岳です v(o゚∀゚o)v

IMG_0584.jpg

石碑も

IMG_0576.jpg

ケルンも

IMG_0577.jpg

頂上から振り返って最高の景色
今までの苦労も吹き飛びます

だから止められない山歩き!!


IMG_0582.jpg


昨日泊まった白馬山荘も見えます


IMG_0592.jpg

相棒も満足そう



IMG_0599.jpg

満足した後で先を進みます


IMG_0601.jpg

10:30
今晩の宿 白馬鑓温泉♨小屋へ

IMG_0606.jpg

お花畑と花
私は花オンチで名前が覚えれません (´・_・`)

IMG_0610.jpg


IMG_0611.jpg


IMG_0612.jpg


IMG_0615.jpg

IMG_0609.jpg



IMG_0616.jpg


IMG_0621.jpg


IMG_0622.jpg

ここにも雪渓が残っています

道を間違えないようにベンガラ(紅)マーキングをされています


IMG_0624.jpg

先を進みます

IMG_0625.jpg

時々花と

IMG_0628.jpg

山を見上げ

IMG_0631.jpg



IMG_0633.jpg

こんな看板もありました

IMG_0634.jpg

なるほど、鎖場だ!

IMG_0636.jpg


IMG_0637_20170729201218e8d.jpg

うわー!!疲れた体に喝を入れねば

IMG_0640.jpg

続けて有りますが、本当です

IMG_0641.jpg


下ります

IMG_0643.jpg

水量が多い滝も見えます

IMG_0644.jpg

小屋が見えてきました

IMG_0645.jpg

慎重に下りましょう

IMG_0646.jpg

13:20
白馬鑓温泉です \(^o^)/

IMG_0651.jpg

白馬鑓温泉(はくばやりおんせん)は標高2,100メートル地点にある
「標高日本一の天然湧出量」の温泉です もちろん、源泉かけ流し

夏季限定で冬場は解体してしまう山小屋です
今年は先日の25日にオープンしたばかりです

温泉は混浴ですが男しか入っていません(残念)

女性用として8時から1時間女性専用となりますよ


IMG_0654_20170730135920a31.jpg

(お借りした写真)

05.jpg


部屋の内部です

天候の悪さでこの部屋?は我々2人でゆっくり寝ることが
出来ました (゚∀゚)

あっ!変な関係ではありませんよ、 念のため

IMG_0649.jpg

【3日目】 雨→曇り

6:30
朝から雨です (泣)


いきなり雪渓の下りです
当然アイゼンを付けないと、滑落間違いないです w(゚o゚)w


IMG_0656.jpg

道案内の標識があります 感謝!感謝!です

IMG_0657.jpg

大きな雪渓の後も断続的に雪渓の横断が続きます

IMG_0659.jpg



IMG_0664.jpg

ここ小日向のコル迄雨で滑る道を約2時間
時には道か川か分からない道でした

疲れます Σ(´Д`*)

IMG_0665.jpg


IMG_0667.jpg


IMG_0666.jpg

ミズバショウ

IMG_0671.jpg

もう少しだ!


IMG_0674.jpg

花が疲れた体と気持ちを癒してくれます

IMG_0675.jpg


IMG_0677.jpg

こんな所に蛙も生きています

IMG_0678.jpg


IMG_0681.jpg


IMG_0682.jpg

10:40
猿倉からの登り口に着きました~~

IMG_0683.jpg

白馬尻との分岐点


IMG_0684.jpg

猿倉小屋が見えました (*’U`*)
 
IMG_0687.jpg

11:30
猿倉に着きました、白馬鑓温泉から約4時間

ヘロヘロです!!

IMG_0688.jpg

白馬駅です

IMG_0416.jpg

電車に乗る前に足湯で癒されます ((⊂(^ω^)⊃))

IMG_0692.jpg

今回の白馬三山はランクとして中級と記してあり、のんびりと山歩きを
楽しむ予定でしたが、山は甘くありません

今年の残雪の多さ、天候不順、体調の変化等
あらためて山の厳しさを学びました

我々のコンビも少なくとも後2年、出来れば5年続けたいと
思っています 。゚(゚^∀^゚)σ。゚

そのためにも来年も頑張るぞー!!!


【1日目】
猿倉(6:20)・・白馬尻小屋(7:20)・・村営頂上宿舎・・・
トラブルのため 白馬山荘(14:30)


【2日目】白馬山荘(06:40)・・・杓子岳分岐(07:50)・・・鑓ヶ岳(09:15)
・・・鑓温泉分岐(10:25)・・・白馬鑓温泉小屋(13:20)


【3日目】
白馬鑓温泉小屋(06:30)・・・小日向のコル(08:30)・・・猿倉(11:30)



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。